男性の1年間の育児休暇ってどうでしょう?

代表の倉園です。

ブログは週に1回は更新しよう、と思っているのですが、今週はまだでした。

今から書くのですが、実はまだ内容を決めてません!

書きながら決めていきます。

んーさて、子育てについて思い出を書くことにします。

私の過去の経歴はこちら(→マイベストプロ)に上手に書いてくれてますが、長女が2歳の時、育児休暇を取得しています。

それもまるっと1年間。

当時は男性の育児休暇なんて前例ないし、それも1年も・・・ということで、職場からは驚きというか批難というか、暗黙のプレッシャーはありました。

しかし、せっかくの機会なのに取得しないと後で後悔するかも、、、と思い「えいやっ!」と取得しました。

結論的には取得して良かったですね。間違いなく良かった。

家事は以前からやってたし、仕事しないでいいので変なストレスはないし、大変だったけど楽しかったですね。

ほんと一度しかないチャンスだったかもしれないし、何より1年一緒に過ごしたというのは、親として自信になります。

娘は覚えてないようですが、自己満足です。

なので、世間一般のお父さんより、かなり子供とは接しているし、お母さんの大変さも分かります。

で、育児中に感じたことがあります。

(お、話がつながってきた!)

女性の性質なのか(それとも私が適当なのか)お母さんの中には5分に1回は怒っている人がいます。怒っているというか、小言を言っているというか・・・

子供ルームや公園で遊んでいても、

「○○ちゃん(くん)!」「やっちゃだめ!」「ナニしてるの!」「そっち行かないで」「早く食べなさい!」・・・・

なんて、ずっと怒ってるんですよね。

習慣になっているというか、癖になっているというか、そういうお母さんは通常の状態が怒っている状態です。

多分自分では気づいてないんですよね。”子供のことを気にしてるよいお母さん”と思っているのかもしれません。

私はそういうところに行くと、ほぼ放置しているので、周りの女性から見たら「もっと注意したらいいのに・・・」「あんな危ないことさせて」「なんて無関心なパパなんだ!」なんて思われてたかもしれません。

注意してばかりいると、人の顔色をうかがうようになる、

ということが言われています。

(ブログの内容もまとも感じになってきました!)

「人のことを気にすることができていいじゃない!」じゃなくて、

”それは子供のあるべき姿としてどうなの?”

ということです。

 

大人になれば当然周囲の空気を読むことは必要かもしれません。

しかし、子供の頃から大人の顔色や様子を気にする、というのはなんか寂しいですね。

そもそも、怒ったりしても良いことないですよね。お互いに。

怒っても子供は言うこと聞かないし、こっちも疲れるし。

どうしようもない時も確かにありますが、8割くらいは怒らなくても何とかなるような気がします。

(まとめに入ります。)

体操教室の様子でも、叱ったり注意したくなることがあるかもしれません。

というかありますよね。もどかしい時もあるでしょう。

でも、たった1時間程度なので、怒りたくなったら目をつぶって10くらい数えてください

多分、何とかなります。

本当にマズイなこりゃ、と思ったら私たちも叱ります。

ですが、今のところそういうことはありません。

 

どうしても気になるようであれば耳栓とアイマスクですね。

それが恥ずかしいのであれば、外に気晴らしに行くか、ベストは2階で体を動かしていてください!

子供は3階で、親は2階で運動。きっとお互いにとってこれがベストな形ですよ!

(ちょっと待ってください・・)

そういえば、今ならキャンペーン中なので、明日までの入会で4ヶ月親も子供も半額になりますね。

急な話で申し訳ない。

むむっ。

保護者は5800円の半額で2900円。

子供も半額で2400円。合計で5300円ってことになりますね・・・安いな。

入会金は必要ですが・・・せっかくなので若干サービスを・・・します・・・。

もし保護者の方で、

・怒りたくなるのを我慢するより、運動したい

・この機会に入会したい

という方がいれば、お声掛けください。

表だっては言えませんが、口頭でもLINEでも、お問い合わせいただければお答えします。

 

今日は何も考えず流れで書きましたが、何とかなりました。

最後の方は思いつきで書いてみました。

スタッフからは「聞いてないよー」「また勝手なルールを決めて・・・」と言われそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP