子どもは本当にできないのか?

自分の子供を見ていると「なんでこんなことができないんだ!」ともどかしく感じることが多々あります。
あまりにも指示通りにしないので、叱ったり・・・
でも叱ったって、できないものはできないし、必要ないんですけどね。

きっと皆さんも同じ経験があるのではないでしょうか?

「うち子は本当にできない」「この子は大丈夫かしら」不安になり、焦る気持ちも分かります。

しかし!本当にもどかしく思っているのは子ども本人なのです!!

これを忘れてはいけません。(忘れがちですけど・・・)

よくよく考えると、「本当にできない」というわけでなく、やり方がわからない、動き方が分からないだけなのかもしれません。
その証拠に練習すれば、そのうちできるようになります。

どんなことでも小さなことを少しづつ、できる範囲で増やして積み重ねていけば、できるようになるものです。
できるようになるまでの時間や要領は個人差がありますが、ぜひ自分の子供を信じてあげてください。

子供には、「今できないことも頑張ればできる。そのうちできる」ということを学んで欲しいと思います。

保護者の方には、「きっとできる」と励まして欲しいと思います。

 

PAGE TOP