プロフィール

代表:倉園晴義

株式会社Classo 代表取締役(Workout&Fitness PROTEIOS 代表)

昭和49年生まれ 国東高校出身 筑波大学卒業。

大学入学と同時に極真会館(茨城県支部桝田道場)に入門し、2年半後に黒帯を取得。
学生時代の大会成績は次茨城県大会優勝、全日本学生大会、ウエイト制大会出場など。

大山倍達氏の死去に伴う組織の分裂騒動に巻き込まれ、大きな大会には出場することができず。
大学時代の専攻は自然科学分野だが、時間があれば図書館に行き、トレーニングの本を読む。

大学卒業後は警察官を拝命し、機動隊や本部の他、県内各地へ赴任。
逮捕術大会全国大会準優勝(団体)など。

その間も空手の稽古は継続するも、30歳の頃、諸事情により極真会館退会。

平成26年、家庭の事情により退職。(不祥事ではありません!)

平成27年株式会社Classo設立。代表取締役就任。

平成28年4月 まちなかジムWorkout&Fitness PROTEIOS事業開始
     9月  大分まちなか子ども教室開始


保有資格:NSCA-CPT、CSCS、健康運動指導士、JATI-ATI、TRX認定トレーナー、ViPRラインセンス

空手初段(極真会館)柔道3段、柔術青帯、英検2級、TOEICは730点、潜水士、陸上無線技術士2級など

トレーニングにおいては「正確な動作」「正しい姿勢」「頭の先から足指の先まで意識すること」を心がけ、「よりよく動くこと」やファンクショナルトレーニング系が得意。

人生モットーは「人生一度。やりたいことをやろう!」「1ミリ先に進む努力」

公務員時代、前例なき男性の一年間の育児休暇を取得するほどのイクメン派。

市内城崎町に妻と子ども二人(一男一女)と在住。
(自分の子どもを託したいと思える場所がなかったので、自分で教室を作りました)